トップページ >> 各社マイカーローンの特徴 >> ディーラーローンの特徴

ディーラーのマイカーローンは割高なのか?

ディーラーが提供しているマイカーローンは、新車購入と同時にローンの申し込みができるので手軽なうえ、審査も簡単に済むようです。必要書類が少なく未成年でも親の保証があれば借り入れることができます。面倒な手続きはディーラーさんがやってくれるので、利用している人が多いようです。

しかし、ディーラーのマイカーローンは、ほとんどの場合がディーラーと提携している信販会社と契約することになります。車の購入者がディーラーローンを組むと、信販会社からディーラーに紹介料のようなものが支払われるしくみになっています。

実はこの紹介料がローンの金利に上乗せされているのです。ディーラーローンの金利が高めなのは、このようなからくりがあるからです。もう一つ大事なことは、ディーラーのカーローンはクレジット契約になっているので、ローンを完済するまでは所有者は信販会社またはディーラーになっています。なので、ローンを完済するまで車の売却ができません。

ディーラーローンの場合、一定額の収入がある成人で、過去にローントラブルを起こしていなければ大抵の場合は審査に通ります。未成年であっても親の同意があれば借り入れることが可能です。申し込みについてもディラーの用意した用紙に必要事項を記入するだけで、細かな手続きは全部ディーラーがやってくれます。もし収入と借り入れ金額が見合わなければ、連帯保証人が必要になったり、融資金額を制限される場合もあります。

ディーラーローンの金利は、たいていの場合、各ディーラーが独自に設定しています。ディーラーが提携している信販会社から提示された金利より少し高めに設定して、その差額を利益にしているからです。ならば、金利が低いところは儲けていないのかといえばそれも違っていて、

車両価格に上乗せしていたり限定車種だけが金利が低かったりと何か訳があります。やはり、基本的にはディーラーの金利は高いといえるでしょう。新車発表時やボーナス時期、決算期には低金利キャンペーンを行っていて、お得になる期間もあるようです。

1分で見つかるあなたに最適なローン

簡単5問診断のベストローンチェッカーであなたの条件にあったローンを厳選します!

ベストローンチェッカー
▲ ページの先頭へ