トップページ >> おすすめカードローン >> 銀行系カードローン

銀行のカードローンは金利も低い

銀行系カードローンには、銀行そのものがサービスを行っている所と、銀行の子会社や同じグループの消費者金融がサービスを行っている所の2つに分けられます。

前者のカードローンの場合は、契約の相手方は銀行となり、
後者のカードローンの場合は、契約の相手は消費者金融となります。

銀行系カードローンのなかでも、銀行の子会社や同系列の消費者金融がサービスしているカードローンは、良く聞くところではDCキャッシュワン(三菱東京UFJ銀行系)やアットローン(三井住友銀行系)などがそれにあたります。

銀行系カードローンが消費者金融や信販会社のカードローンと大きく違うところは、金利が安い点と審査基準が厳しめになる点、そして銀行がバックについているという安心感も大きいですね。

金利に関しては消費者金融とはかなり違ってくるので、審査に不安が無いのならば、銀行系カードローンを利用する方が断然お得で安心です。

審査にかかる時間も考慮

銀行系カードローンは審査基準が厳しいので、申し込む前にチェックしておくと安心です。

まず、銀行系カードローン会社は、他社借入れに敏感だといわれています。
すでに2件以上の借入れがあると、審査に通るのは難しいと思われ、また無職の人も、審査が可決されることは皆無でしょう。

銀行系カードローンで最近多いのは、銀行と消費者金融が共同出資して子会社を作っているというものです。

かつては銀行は企業向けの融資を主に行っていたのですが、景気の悪化による企業からの借入れが低迷している現在、銀行も少額の個人向け融資に取り組み始めた、というところです。

銀行系カードローンは、本質的には消費者金融によるカードローンと同じですが、銀行の大きな資金をもとに貸し付けが出来るので、融資利息が低く設定されています。

そして、消費者金融のノウハウを取り入れることで、審査スピードも早くなり、即日審査という銀行が多くなっているのです。

1分で見つかるあなたに最適なローン

簡単5問診断のベストローンチェッカーであなたの条件にあったローンを厳選します!

ベストローンチェッカー
▲ ページの先頭へ