トップページ >> おすすめカードローン >> 総量規制対象外のカードローン

総量規制によりローンが組みにくくなっています。

2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行され、総量規制が導入されました。
これにより、消費者金融・信販会社・クレジット会社・事業者金融会社などの貸金業者からは、
年収の1/3以上の借入れができなくなりました

しかし、銀行からの借入れは対象外となっており、
多くの人が利用する住宅ローンや自動車ローンなども総量規制の対象外となっています。

銀行本体がサービスしているカードローンなどは、総量規制の対象外となるので年収の3分の1以上の金額でも借りることが可能です。

ですが、銀行系消費者金融、たとえばアコム、モビット、プロミスなどは総量規制の対象となるので、借入れを考えている場合には注意が必要です。

カードローンを見分けるポイント

銀行が大株主となっている貸金業者のカードローンは銀行系カードローンと言われています。
例えば、ジャックス、モビット、プロミス、アットローン、オリコ、クレディセゾンがそれにあたります。
上記のカードローンは総量規制の対象になってしまいます。

しかし、似ていたとしても三菱東京銀行のバンクイックなどは貸主が三菱東京UFJ銀行なので、総量規制の対象外となります。
見分けるポイントは貸主が銀行か消費者金融か?というところですね。

総量規制対象外のカードローンとは、銀行が母体で貸主が銀行となっているカードローンのことです。

総量規制は考えなくてもいいので、年収の1/3を超える額でも借り入れが可能です。
ただ、銀行は消費者金融と違って、年収による申し込み制限を設けている所もあるそうですから、申し込み前に確認してみる必要がありますね。

1分で見つかるあなたに最適なローン

簡単5問診断のベストローンチェッカーであなたの条件にあったローンを厳選します!

ベストローンチェッカー
▲ ページの先頭へ