マイカーローンの審査に関する疑問・質問全てにお答えします
Q&A TOPページ  >  返済関連  > ローンの返済は経費で落ちる?

ローンの返済は経費で落ちる?

ローンの返済に当てる金額は経費で落とすことはできません。一般的にローンと言われるものは2種類あり、銀行が提供するものを「ローン」、信販会社や消費者金融が提供するものを「クレジット」といいます。性質が全く別のものなのです。

経費として考える場合には、まずこのことを理解しておく必要があります。「ローン」は資産を得る方法の1つなので、毎月の支払いが「必要経費」とはいえません。ローンの支払で経費になるのは利息や金利手数料の部分のみです。

クレジットの場合は毎月の利息分のみが経費になります。しかし、事実上殆どを経費にしてしまう方法は存在します。まずローンを組んで自動車を購入したら、自動車を減価償却資産として考えます。年度末ごとに1年で価値を失った分である「減価償却額」を計算して、これに事業割合を掛け減価償却費を出します。この減価償却費は経費で落とすことができます。

つまり、ローン自体は経費で落とすことはできませんが、自動車は基本的には年を追う毎に価値が落ちていくものなので、その落ちてしまった価値の分だけをお金に計算して、それを経費として落とすのです。

この他にも経費としてしまうやり方はあるので、状況に合わせた方法を取ることをお勧めします。

返済関連のその他のQ&A

▲ ページの先頭へ