マイカーローンの審査に関する疑問・質問全てにお答えします
Q&A TOPページ  >  ローン詳細や種類関連  > 残価設定ローンとは?

残価設定ローンとは?

残価設定ローンはマイカーローン独特のローンの種類なので、どういうローンなのか知らない方も多々いらっしゃると思います。残価設定ローンの残価とは車の下取り価格のことをあらわしています。ローン契約時には正しい下取り価格は把握できないのであくまでも予測の価格ということになります。

下取り価格はローンを契約して完済したときの年代の価格を予測します。残価設定ローンは、借り入れ金からこの予測下取り価格を引いた金額を返済回数で割って出されたお金を月々支払います。毎回車を買い換えるときに下取りに出している方は残価設定ローンでローンを組んだほうが月々の支払い額が減るのでお得です。

比較的新しくできたローンで、残価設定ローンは販売店が主に提供しているローンです。大体ローンの返済期間は3〜5年ほどになりますので、3〜5年で車を買い換えなくてはなりません。長く同じ車に乗りたいという方には向いておらず、早いサイクルで車を乗り換える方に向いています。

ローン詳細や種類関連のその他のQ&A

▲ ページの先頭へ