マイカーローンの審査に関する疑問・質問全てにお答えします
Q&A TOPページ  >  ローン詳細や種類関連  > ローンとリース、どちらがお得?

ローンとリース、どちらがお得?

利用者の価値観や生活スタイルで変わります。ローンとリースの大きな違いは、ローンは最終的に自動車の所有権を得ますが、リースは借りている状態なので所有権は得られません。

リースの場合は頭金の代わりに予定残存価格を決めます。自動車は基本的に経年で価値が下がる物なのでリース契約が終了した時の自動車の価値を計算して、その分を予め自動車の価格から差し引いておきます。

200万円の自動車のリースが終わった時、自動車の価値が100万円にまで下がると予想されたら、その自動車は最初から100万円の価値としてしまうのです。月々の支払もリース料のなかに自動車税等の経費が含まれているので維持費が安定します。

リース契約が終わると、新しい自動車に変えるか、その自動車でリース契約を続ける、リースされた自動車を買い取る、自動車を返してリースそのものを辞めるという選択になります。

買い取りを選んだ場合は現金払いなので現実的ではありませんが、新しい自動車でリース契約を続ければ、安定した支払額で常に最新の自動車に乗れます。但し、借りているのですからその間永遠にリース料が発生します。走行距離制限が付いている場合もあるので毎日自動車に乗る人には辛い部分もあるのです。結局はどちらがお得かと言うことはできず、利用者次第です。

ローン詳細や種類関連のその他のQ&A

▲ ページの先頭へ