トップページ >> 車のローン審査関連 >> 審査基準と年収

年収の35%以内で審査は通るはずですが・・?

マイカーローンの審査基準として年収は重要です。とはいうものの、ただ多ければいいというものでもないのです。勤続年数と年収が釣り合っていない場合、(勤続年数が短いのになぜか年収が多くても)審査に関しては、先々の雇用や安定に関して懸念されるのです。

ローン会社は申込者の年収をもとに返済比率を計算して融資可能額を決定します。一般的に返済負担率は年収の35%以内といわれています。借り入れ金にはマイカーローンだけでなく、消費者金融などのキャッシング、カードローンも含まれますので注意しましょう。

年収600万円の場合 ⇒210万円
年収400万円の場合 ⇒140万円
※あくまで目安です

年収に不安がある場合は

「年収300万円だが欲しい車は150万円」
「年収600万円、欲しい車は150万円。けど他の借入れが100万円ある」

という場合はマイカーローンの審査は厳しくなってしまいます。

そこでオススメなのがカードローンを利用して車を購入する方法。カードローン=車というのはイメージがありませんが、利用する用途は自由なので、車の購入にも利用することができます。

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローン 借入3秒診断で、借りられるか借りられないかを事前にチェック!
★ 来店不要で郵送物・FAXなしで申込みOK!
★ 神奈川県・東京都・群馬県(前橋市/高崎市/桐生市)に在住か在勤の方にお勧め!
★ 金利は<1.9%〜14.6%>で銀行だからこその安心の金利!
★ 在籍確認の電話は「横浜銀行」からの電話にも出来るから安心。
実質年率 限度額 審査時間 おすすめ度
1.9%〜14.6% 10〜1,000万 - 星5
横浜銀行カードローンの詳細情報へ

年収を証明する書類

マイカーローンを申し込む時に必要な書類として、運転免許証や健康保険証のような身分証明書、住民票、引き落とし用銀行口座と届出印、源泉徴収票などです。この中でも、源泉徴収票は年収を証明するものです。審査には年収は大きなポイントなのです。

マイカーローンを組む場合、自分が他社から借り入れているローンの年間返済額とマイカーローンの年間返済額を足した金額を自分の年収で割ることによって出る返済負担率が審査のひとつの基準になります。返済負担率の基準は35%以内。そのためにも審査の際には正しい年収額が必要なのです。

年収が200万円未満の人は、それだけで審査に通らないという可能性があります。マイカーローンを組むための審査は金融会社によって違いますが、大体最低年収200万円〜と設定している会社が多いようです。多額のローンを組む時は、収入を証明するための源泉徴収票や確定申告書が必要となりますので、審査の際には正直に書きましょう。

マイカーローンの審査では、年収が判断基準の一つになります。毎月安定した収入があること、他の借入金と合わせて返済負担率が35%以内であること、などが一般的な条件となっています。

他者の借入金に関して嘘をつくのは厳禁です。ローン会社は個人信用情報機関に申込者の情報を問い合わせて、正確な借入金を知ることができます。ますます審査が不利になってしまいます。

1分で見つかるあなたに最適なローン

簡単5問診断のベストローンチェッカーであなたの条件にあったローンを厳選します!

ベストローンチェッカー
▲ ページの先頭へ