トップページ >> 車のローン審査関連 >> 審査が通らない場合

マイカーローンの審査に通らないのには理由があります

車を買い替えようとマイカーローンに申し込んだら審査に通らなかった…
その理由は・・・?

まず、最も多い理由が他社の支払いが延滞・遅延しているケース。違うローン会社だから、延滞していても審査には影響がないだろうという考えは間違いです。

そして、支払いの延滞などはないが、他社の借入れ件数・借入額が多い場合もNGです。住宅ローンに教育ローン、消費者金融などのキャッシング、さらにマイカーローンもという場合はまず審査に通らないでしょう。ローン会社は申込者の返済能力を最も重視するので、あまりに他社の借入れが多いと、自社の返済は難しいとみられ審査に落ちてしまいます。

他には、同じ収入で生活している人間(配偶者や親)がローンのトラブルを起こしている場合も審査に通らない場合が多いです。家族にブラックの人がいると、殆どのローンには通らないと考えられます。

携帯電話料金未払いでも審査に通らないケースも

審査に通らない原因の一つに携帯電話の支払いが滞っているというのが考えられます。もし、携帯電話の料金を払わずに延滞し続けている場合は、ブラック扱いになっていると考えられます。

個人信用情報機関で照会できるのは、ローンやクレジットに関する情報だけではありません。

クレジットヒストリーがないケース

ある程度の年齢にも関わらず、クレジットカードも持っておらずローンの利用も全く無い人も、審査に影響が出る場合があります。

過去に何らかのローンの利用があったり、クレジットカードを持っているのが一般的です。クレジットカードの利用履歴もまったくない場合は、過去にブラックリストとなり、信用情報がクリアされた状態ではないかと疑われるのです。

どのマイカーローンに申し込む?

マイカーローンは大きく分けると銀行、販売店・ディーラー・信販系に分かれます。

銀行のマイカーローン

銀行のマイカーローンは限度額も高く、金利も低く設定されていますが、その分審査は厳しい傾向があります。

昔は申し込みから契約まで時間がかかりがちでしたが、最近は即日で審査結果が分かるなど融資までのスピードは早くなってきています。

販売店・ディーラー・信販系

車を購入する店が提携している信販会社やクレジット会社のローンです。金利の販売店やローン会社によって幅がありますが、交渉して引き下げてもらうことも可能です。

販売店はローンを組ませることで、ローン会社からマージンを受け取っています。このマージンをカットさせることで金利を低くすることができます。ただし、過度な交渉は禁物です。

また、自分でマイカーローンを選び購入することも可能です。販売店としては自分たちが紹介するローン会社で契約させたので強く勧めてくることもありますが、金利に納得出来ない場合は妥協せず自分でマイカーローンを探しましょう。

新車か中古車かでローンを選ぶ

金額が比較的安い中古車の購入なのに、限度額が高い・金利が低いマイカーローンに申し込もうとしていませんか。スペックが高いマイカーローンは一般的に審査は厳しくなります。

購入する車の金額に合わせたマイカーローンを選びましょう。

総量規制による年収制限で審査に落ちた

マイカーローンの審査に落ちた理由に総量規制を想像する人がいますが、総量規制は消費者金融やカードローンなどの貸金業法に対しての法律です。

マイカーローンは銀行法により貸付を行っているので総量規制の対象にはなりません。年収の1/3を超えたから審査に落ちたと思っていても、別の理由で落ちてしまっているのです。

審査に通らないと車は購入できない?

どうしてもマイカーローンの審査に通らないという場合、方法は二つしかありません。一つは現金一括での購入です。

そしてもう一つはカードローンを利用して車を購入する方法です。カードローンは契約後の利用用途は基本的に自由です。自動車購入に利用しても問題ありません。

マイカーローンの審査に通らないからと言って車の購入を諦める必要はありません。

1分で見つかるあなたに最適なローン

簡単5問診断のベストローンチェッカーであなたの条件にあったローンを厳選します!

ベストローンチェッカー
▲ ページの先頭へ