トップページ >> 車のローン審査関連 >> 自動車ローンの審査基準とは

審査のポイントは種類によっても異なります。

マイカーローンは大きく分けると、自動車販売店のマイカーローン・銀行系マイカーローン・消費者金融やクレジットカード付属のフリーローンがあります。それぞれ特徴があり、審査の内容も基準も少しずつ違いがあります。販売店のマイカーローンの多くは信販系で、 審査は比較的厳しめ、購入直前の段階まで話が進んでいても断られてしまうこともあるようです。銀行系マイカーローンは、低金利となっている場合が多いのですが、審査が信販系よりもさらに厳しく、審査にかかる時間も少し長めになるようです。フリーローンは使い道を問いませんから、マイカー以外のお金も一緒に借りることができます。審査基準も緩めとなっています。

マイカーローンを組むためには当然ですが、審査を受けて基準を満たさなければいけません。審査項目としては、代表的なもので年収・職業・雇用形態・勤続年数・他社からの借入れ履歴などが挙げられます。年収については、だいたい200万円が基準値となっています。200万円未満の人は、それだけで審査に通らないという可能性もあるようです。

マイカーローンの審査では、雇用企業と雇用形態も重要なチェックポイントです。職業は具体的には公務員>大企業>中小企業>零細企業となり、雇用形態は、正社員>派遣社員>アルバイトとなっています。信用度が低いと審査で否決されたり、可決されても金利が高くなってしまうのです。

マイカーローンの審査基準としては、標準的に勤続年数1年以上とするところが多いようです。新入社員であったり転職直後の場合は、保証人の設定などで審査が可決される場合もあります。他にも審査において借入履歴は重要です。

他社からの借り入れも含めた現在の借入額と、過去の返済履歴に問題点があると、審査を通過するのは難しいでしょう。現在の総借入額が返済能力を上回ると判断された場合は審査が否決されます。また、ローン会社が行う信用情報機関での照会結果も大きな審査ポイントです。

1分で見つかるあなたに最適なローン

簡単5問診断のベストローンチェッカーであなたの条件にあったローンを厳選します!

ベストローンチェッカー
▲ ページの先頭へ